お金は有効活用して初めて有意義なものであるということ

ギャンブラーな元彼に毎月3万〜5万円程貸していたことがあります。
食事の代金も出すことが多かったので、それ以上にはなります。
返却されることもありましたが、結果的には数十万円返してもらえずに別れました。

金額が多少高かったとしても、1週間悩んでも欲しいと思えるものは買うべき!

次の給料日に返してもらえることもありましたが、数日過ぎるとまた貸していた為エンドレス状態でした。
相手の給料日になる度に「先月貸した○円返して」と声がけはしていましたが毎月同じ事に繰り返しでした…。免許を取得してすぐに車を買って運転しておけば良かったと思います。
10年以上ペーパードライバーの状態で、急に車が必要な環境で生活する事となった為、車の運転技術を思い出すのに非常に苦労しました。

お金に関する失敗談

足りなくて悔しかった事は、多少無理してでも若い頃に車買って運転慣れておけば良かったと思います。
使いすぎて後悔したのは昔アニメオタクだったので、その頃にキャラクタークッズを買いすぎていたのは今となれば本当に後悔しています。
幼い頃、弟にお金を貸したことがあります。
弟が毎月もらうお小遣いを使い果たしてしまっていて、手元にお金がないときに、欲しい漫画コミックが発売されたことがきっかけです。
弟は漫画を欲しがったので、私のお小遣いからマンガの代金を貸しました。

財布の中にあるお金を確認して、計画的に買い物をしよう

少額のお金を貸した時は「貸す」というより「あげる」感覚で渡すので、お金が返ってくることは期待しません。
でも会費などお札の金額の場合は、なかなか返してくれそうにない時は「今月ピンチだから貸していたお金を返してもらえる?」と催促します。古本で「あの時、買えばよかった」を何度も経験しています。
期間限定で販売する古本市には、高級な本もあります。
高いなと躊躇して帰宅した後、やっぱり欲しくなって翌日探しに行くと売り切れてしまっていることが多々あります。
毎回「あの時~」と後悔してしまいますが、値段が値段なだけに同じことを繰り返してしまいます。

お金に関する失敗談

あまり見慣れない2000円札を入手したことがあります。
よく使う1000円札や金額の大きな10000円札だと見間違うことはありませんが、5000円札を2000円札と勘違いしたことがあります。
5000円あると思って品物を選んでいたのですが、2000円だったので支払いができずに、返品しました。
とても恥ずかしかったです。兄弟に自動車学校の学費を貸しました。
兄弟は学生で親にも借りることもできず、バイトする時間もなかったようなので必ず返してもらうという約束で私が出資しました。
私も余裕はなかったですが社会人ですでに自動車免許をもっていて学生のうちにとっておいた方がいいと思ったのでそうしました。

お金は有効活用して初めて有意義なものであるということ

お金を貸したことを忘れていないということを示すために、お金の話になるとお金を貸していることを思い出させるために話題にしていつ返してくれるのかを聞くようにしていました。私はものを慎重に吟味して購入するのでどうしても何度も足を運んで商品を確かめます。
よくあるのが洋服を買う時に衝動買いしないで次回に行くと売り切れていることも多く買っておけばよかったと思うことがあります。

お金に関する失敗談

海外旅行の両替の失敗があります。
両替の金額が少なすぎて買いたいものが現地で購入できなかったり、逆に多く両替しすぎてあまってしまって円に戻すと手数料だけ取られてしまう失敗があります。

コメントは受け付けていません。