お金は財布にいれておかないことで使いすぎを防止できる

中学時代の友人が上京した時に、バイト代を落としたからお金を貸してほしいと頼まれたので、かわいそうに思って二万円ほど貸した。数日間家に泊めて食事や洋服の面倒をみた。

お金は私の友達。どんなに離れても、いつか帰ってくると信じている。

結局、貸したお金は返してもらえなかった。なぜなら、その友人と別れてから連絡が取れなくなったから。もとの住所からは引っ越しており、当時は携帯電話もまだ一般的でなかったので、連絡のとりようがなかった。好きなアーティストの特別なライブがあったが、チケットが高組手断念した。しかし、後に伝説的なライブとなってしまったので、あのとき、払えなくもなかったのに、チケット代をケチってしまったことを後悔している。

お金に関する失敗談

いわゆる情報商材に60万円ほど使ってしまった。甘い言葉と楽に稼げる技術という誘惑に負けてしまった。結局、一円も稼ぐこともなく、ただの散財になってしまったので、今思い返してもとても悔しい。友人に1万円を貸しました。ファンデーションを買いたいので貸してと言われたので、一応、手持ちに1万円持っていたので貸したので、その子はファンデーションを購入することができました。

お金は財布にいれておかないことで使いすぎを防止できる

1万円の手持ちがないので、すぐに返せないといってきたので、かなり待ちました。結局2ヶ月待ってからやっと返してもらったといった感じなので、かなり待ったと思います。財布です。欲しい財布があったけど、お金を持っていなかったので結局買わずに眺めるだけで終わり、あの時買っていれば、欲しい財布を長年使用することができたのにな〜と感じています。

お金に関する失敗談

お金をコツコツ貯めようと思って貯金していましたが、友人とショッピングへ行くと、どうしても想定外の買い物がしたくなるので、結局は無駄使いしてお金を使ってしまうので困ります。高校生の時のエピソードです。部活の合間に友達とお菓子や飲み物を買いに出かけました。いざ支払いになった時、友達がお金が足りないと言ったので一緒に支払ってあげました。てっきり後から代金を返してくれるものだと思っていましたが、一向に返ってきません。友達は、私が貸したのではなくおごったと思っているようでした。なので、返して欲しいとも言えずそのままです。3000円ぐらいだったのですが、高校生とっては高額だったのでショックでした。

どんなにきれいごとを言っても人生においてお金はやはり一番

すぐには返いしてもらえなかったので、一緒にごはんを食べにいった時に貸した代金分をご馳走してもらいました。雑談で盛り上がった際に、「前に貸した金額分、今日は美味しいお酒をご馳走してもらうからねぇ」と笑いながら言ってみました。相手もすっかり貸したお金のことは忘れていたので、「ごめん、ごめんもちろんご馳走するよ!」と言ってくれました。パソコンが今よりも普及していなかった20代の頃、Macが欲しかったのですが予算が足りず断念しました。それ以来、数台パソコンは買いましたが仕事上Windowsを使い続けています。仕事で使うパソコンと、趣味で使うパソコンでは何かが違う?と思いつつ、趣味に掛けるパソコンを買えずじまいになっています。あの時Macを買っていれば、今の仕事も変わっていたのかなぁと思います。

お金に関する失敗談

支払いはカード派です。いつものようにカード払いで金額も気にせず買いものをする毎日でした。ひょんなことから仕事を辞めることになり、数か月間ゆっくりし続けた結果、カード決済の請求額が預貯金では段々と足りなくなってしまう事態に陥り、なくなく定期を解約するはめとなりました。

コメントは受け付けていません。