病気の無力の在宅ライターはお金がない




貧乏人はいつまでたっても貧乏人です。

まさに今、お金がありません。なぜなら、11月末で仕事を辞めて、11月に働いた分のお給料は、12月25日に振り込まれたけれど、12月は全く働いていないから、1月に入るお金がないのです。
来月は、クレジットカードを使いこなす(?)ことになりそうです。カードの締め日も要チェックですし、「後からリボ払い」の設定も忘れてはなりません。
雇用保険の申請には行きましたが、自己都合退職なので、第一回目の支給日は3月20日頃になるそうです。
母子家庭。子ども二人。新しい仕事を早急に決めなければ、一家心中することになりかねないという非常にまずい状況に陥っています。30万円あったら・・・家賃や光熱費が引き落とされる口座に預金して、残りは、クレジットカードの繰り上げ返済に充てるつもりです。
リボ払いにしてしまうと、いつまでたっても、元金が減ってくれないから、お金がある時に、きちんと返済しておかないとです。
子ども達に我慢を強いてしまっているから、お年玉を多めにあげようか?とも思います。
とにかく、お金が入ったからといって、贅沢なんてしてられません。
悲しいかな、すべて、生活費となります。

お金がないなと感じたときに30万が手に入ったらと考える

毎月の使える生活費を決めているが、その月初めに、思いもよらない出費が続いてしまい、一週間で生活費の半分以上を使ってしまったこと。
月々の給料だけでは足りなくて、ボーナスで補充をしなくてはいけないとき。また、手持ちがなかったから、すぐにカード払いにしてしまい、また次の月に苦しくなってしまうこと。
服が欲しいのに、正規の値段では高くて買えず、リサイクルショップで買うこと。また、なんでもまずリサイクルショップやフリマサイトを見て安いものを探してしまう。

欲しいものリストに書いてある、来夏までに買う予定の、アウトドア用品を買う。
欲しいけど、まだ悩み中の家族が使うものも一緒に買う。
車を購入したので、全く予定ではなかったが、車周辺のものを書いまり、こここまでで計50000の予定。
100000は家計の貯金として残しておく。
旦那には小遣いとして20000渡して、こども達は各20000ずつ貯金する。
残りの40000は自分で自由に使い、欲しかった、時計や服、アクセサリーを買って使いきります。

病気の無力の在宅ライターはお金がない

少し前までの私がそうでした。
私は障害者で在宅でクラウドソーシングの仕事をして収入を得ていました。
しかし、ずっと信頼していたクライアントさんから突然ブロックされ、その後も安定して仕事を下さっていたクライアントさんからの仕事がなくなってしまいました。
私は自分が出来る仕事があまりないのでこれからどうやってお金を稼いでいけばいいんだと凄く悩みました。
外に働きに出ることも難しい為に自分の将来のことを考えると不安で仕方ありませんでした。20万円を貯金して残りの10万円で今現在欲しい物を全部購入したいです。
私は現在キャラクターグッズに夢中になっているので、ぬいぐるみとかキャラクターが描かれた洋服などを買い集めたいです。
贅沢な使い方は決してしません。
あと、私が収入がなくて困っていた時に祖父がお金を援助してくれたりしたので祖父母たちにおいしいものを奢ってあげたりしたいです。
母も私のことを心配してくれているので親孝行にも使いたいと思っています。




コメントは受け付けていません。