なくてもよいとは口がさけても言えない、あるにこしたことないお金

【注意】とにかく確実にお金を借りたい、お急ぎの方、はじめての方は必ずコチラからご覧ください。

25歳から32歳頃までは実家暮らしで、給料は全てお小遣いとして使いたい放題でした。
将来のための貯金も今思えばしておけばよかったですが、飲食代やおしゃれの為にお金が消えていきました。

お金を稼いでいる間に、今のような使い方ができていたらよかった

今は小さい子どもを育てる専業主婦なので、無駄遣いというほどのお金遣いではないですが、日々の食料の買い物でお菓子やパンの無駄買いが多いと自覚してます。
ストレス発散のカフェやスタバ通いも減らしたいと思っています。残らないものが多いです。
衣服は必要経費として別で支出するので、純粋にお小遣いとしてはランチやカフェでのお茶代が主になります。
ママ友へのプレゼントや手土産なども小遣いの範囲内でやりくりしています。

お金に関する失敗談

結婚する前は遠距離だったので、交通費と、暇な週末の暇つぶしに飲み代が嵩んで貯金に苦労しました。
平日のランチも外で食べると高いのでお弁当を作ったりしていましたが、もっと節約してお金を貯めておけば、専業の今も安心できたのにと思います。25歳くらいの頃です。
就職し、ある程度落ち着いてきたため、経済的な余裕がありました。
それほどブランド物などには興味はなかったので、年に一度海外旅行をしていました。

なくてもよいとは口がさけても言えない、あるにこしたことないお金

お酒の出費がなかなか減らせません。
缶ビールをスーパーで買ってしまうことが多いです。
ビールを買うと一緒におつまみもかごの中へ入れてしまうので、結構な額になっていると思います。残らないもののほうが多いです。
ヨガの教室に通ったり、お酒を飲んだりに使います。
最近は、ネイルサロンへ通いはじめました。
ものとしては残りませんが、テンションが上がったので、ここでもこれからお金を使いそうです。

お金に関する失敗談

気持ちが大きくなり、あれもこれもと通販サイトのクレジットカード決済を多用していると、次の月の支払いが、月額給与を超える額になってしまったことがあります。
通帳にマイナスがつきました。最も自由にお金を使えていたり使ってもらっていたのは、0歳~21歳頃までです。例えば小さい時なんて、欲しいテレビゲームが出ればすぐに買ってもらえたし、戦艦「大和」のデカいプラモデルが3万円前後のものなんて簡単に買ってもらったし、楽器をしたいと言えば(自分はドラムが得意です。)、すぐにドラムセットを購入してもらい、防音の部屋を作ってもらいドラムを叩いておりました。

お金は考え方一つで増える事もあるし減る事もある

やめられない出費としては、今は「化粧品」になります。自分は男性なので「スキンケア」用品になりますかね。コスメカウンターで購入する、資生堂メンがどうしてもやめられないのです。(笑)やっぱり色艶や肌艶が全然違うのです。だから、少し値が張るけれど頑張って買ってしまうのです。どちらも多いのですが、特に残るモノの方が多い様な気がします。自分はスーツが好きで着用しているのですが、やっぱりスーツを買うと、靴、ネクタイ、ワイシャツ、サスペンダー、カフス、ジレ、万年筆、手帳、鞄、等もう一式揃えてしまいますね。悪いくせです。(笑)

お金に関する失敗談

若い頃にキャッシング付きのクレジットカードを作って持った事があるのですが、たった数日で、枠いっぱいのショッピングをしてしまった時ですね・・・あれは本当に、穴があれば入りたいです。自分でももちろん返しましたし、お恥ずかしい話ですが、親にも助けてもらいました。反省しております。

コメントは受け付けていません。