本当は贅沢したいけど涙をのんでるマイ「節約術」公開

【注意】とにかく確実にお金を借りたい、お急ぎの方、はじめての方は必ずコチラからご覧ください。

タコべぇやで。

今日もいっしょにお金の勉強していくで。

お金がないっちゅうことは、足りひんぶんのお金を常になんとかせなあかんようになる。

それに絶対くっついてくるんが「節約」やな。

これも、せなあかんことやけど、やりすぎると生活自体がおかしくなってくる。

今回は「今思えば、過去に節約頑張りすぎちゃった」って人たちからの節約術を聞いてきたで。

一緒にみていって、できることは取り入れてみてや。ほないくで。

飲み物代もガソリン代も浮かせる!本当は贅沢したい

ガソリン代を浮かせたく会社までの片道40分を自転車で通っていました。

家族にはお金がないからという理由ではなく、ダイエットのためだと言いながら通勤していました。

夏場みんなが飲み物を買っていてもあまりのどが渇いていないといいジュースすら我慢していました。

給料前になるとお金が無くなるので誘いも断わります。

1日家に籠り部屋の整理をしていると着ていない服がたくさん出てきてこれを買わなければよかったと思うことがよくあります。

もしお金に余裕があれば自己投資したい

自己投資をします。

エステにたくさん通い高い化粧品を買ったり、少し貯めて体のエステや高い補正下着、やせるサプリを買いたいです。

常に財布には何万円かいれておき、後輩にご飯をおごってあげたりかっこいいことをしたいです。

ほかにも、仕事帰りはコンビニに寄り高いスイーツを買ったり少しの贅沢を毎日したいなと思います。

また、持ってないようなちょっと高いカバンや時計を何か月分か貯めて買いたいです。

ごり押し購入のマイホームで生活がギリギリに

もともと生活に余裕があるものでもなかったのに、ごり押しで旦那がマイホームを計画し、毎月の家賃が数万プラスの住宅ローンに変わりました。

それからギリギリの生活をしいられています。

2人の息子の成長とともに、子供にかかる費用が増え、すぐにサイズアウトしてしまう靴や、スポーツクラブでの必要経費。

ここ最近では遠征も増え、毎月赤字続きじょうたいです。

あと少しでも収入がふえてくれればと毎月思っています。

本当にお金が無いなーと日々実感です。

本当は100均の化粧品から卒業して娯楽費に充てたい

あと毎月10万円自由に使えるお金があるとしたら、まず5万円は将来のために備えて貯金ができればいいなあと思っています。

残りの5万円で、毎月必ずと言っていいほど突如現れる、交際費、車費、子供費、医療費、冠婚葬祭費、娯楽費。

欲を言うなら今は100均で我慢している私の化粧品を、100均から卒業してランクアップさせたいのと、私のこづかいなどに充てれるくらい余裕が出れば嬉しいです。

お金に困らない充実した毎日が過ごせるようにしたいです。夢のような話ですね。

貧乏な家に生まれたので、これからは違う道を行きたい

家族が多いと、生活すること自体にお金がかかってしまいます。

毎日の食事はどうしてもしなければならないので私の母親は外食をほとんどしていませんでした

けれでも、食費がとても多くかかり、また、光熱費は止められないように支払いを行っていたようでした。

お金を使うのは生活費が優先となり、お金が足りないと、どうしても後回しになるのが、市役所に払う国民年金や国民健康保険でした。

そのため、督促状がよく自宅に届いていました。

お金がかからないように生活をしていたので、考えたら、旅行もしたことがなく、女子ですが化粧もしなければ、美容院へは10年くらいは行っていませんでした。

そんな我慢の生活をしていたので、自由に使えるお金が手に入るならば、今までやってこなかった旅行へ行くことを一番にしたいです。

それ以外は毎月美容院へ行き、髪を整え、化粧品も購入したり、エステにも行ってみたいです。

あとは、肩こりや腰痛があるので、マッサージに通いたいです。

まとめ

ある程度の節約はみんなせなあかん。

メリハリつけていかな、それこそいくらあってもお金足りひんからな。

けど、その節約自体が目的になってしもたら、精神を病んでしまう人もおるで。

ホンマに無理すぎることちゃうか。

他にどうしても収入は増やすことはできひんのか見直すんも大事なことやで。

ほな、また一緒に勉強しにきてな。

待っとるで。

コメントは受け付けていません。